原付免許取得のイメージ画像

原付のある生活
原付免許を取ると生活が変わるのか?

私が原付になったわけ

私はまだ関西に住んでいた頃は原付には全く興味はなく、電車やバスばかりでした。
一人暮らしの時も興味なしだったのですが、実家に戻り関西と同じように暮らしていたら交通の便が悪くなり、職探しや面接も不利になったので原付バイクの免許取得を決意したのです。

とはいえ私が住んでいる鹿児島県は高校生から原付バイクを乗っていますが、部活を入ることを条件にして取得しているのがほとんどなんです。
原付試験も学校を休んで教習所まで来ているのです。

私も初めは近くの教習所まで受けに行っていましたが、撃沈されました。 親には「いつ受けるの」と言われてばかりいましたが、黙って受け続けまして、結局姶良市に免許センターがあり、ここで受かりました。

問題集も最初は本でしたが、バイク屋さんの特製問題集があったのでそれが中心になりましたね。

原付免許取得してからはガラッと変わりました。
バスの時間も気にしなくなりましたし、隣の町まで行けるようになりました。 普段、バス下車しないところも寄れるからね。

興味がなかった私は最近はバイク雑誌も読むようになりました。 原付に感謝していますが、新たな目標も見つけました

125ccのバイクは取得したいなぁと思っています。
この春に免許更新を予定しているのでこれからも安全運転で行きたいと思っています。

このページの先頭へ